Braveブラウザの基礎知識

これまでの製品タイムライン

  • 2015年5月28日:MozillaファウンダーのBrendan Eich(現CEO)とBrian Bondy(CTO)により起業
  • 2016年1月20日:アドブロッカー付きBrave をローンチ
  • 2018年6月:「広告を見たらお金がもらえる」というモデルをテスト
  • 2018年6月:Torによるプライベート閲覧モードを導入
    Screenshot 2019-12-19 16.47.46
  • 2018年12月:ElectronのMuonのフォークからChromiumに乗り換え
  • 2019年6月:uBlock OriginとGhosteryアルゴリズムに発想を得た、Rustベースの新たなアドブロック・アルゴリズムのテストを開始。従来の C++ベースより69倍速いと発表
  • 2019年11月:
    • Android、iOS、Windows 10、macOS、Linuxで稼働するver1.0をリリース
    • MAU 870万人、DAU 300万人
    • 広告料の70%をユーザに提供するアドネットワーク始動

Basic Attention Token(BAT)の歴史

  • Braveが発行するEthereumベースのトークン
  • 2017年5月31日にICO、3500万ドル(約38億円)を30秒で調達
  • ICOで10億BATを供出、それ以外に50万BATが開発者報酬とユーザグロース用のプールに残された
  • BraveはICOの3500万ドル以外に、700万ドルをピーターティールのFounders Fund、Propel、Pantera、Foundation Capital、Digital Currency Group等のVCから調達
  • 2017年12月に30万BATがユーザーグロースプールから新規ユーザーに支払われ始める
  • ウェブサイト、コンテンツクリエーター(YouTuber、Twitterストリーマー等)、Twitter発言者にP2Pでチップを出せる
  • Brave広告を閲覧した人にBraveがBATで広告収入をシェア

論点

  • BraveブラウザがICOより先にあったからutility token?
  • サイトが導入している広告をブロックしてBraveの広告を見せるのは法律的・倫理的によいのか?

BATの価格推移

Screenshot 2019-12-19 19.49.54

Braveの利用方法

Brave Rewards

 

Screenshot 2019-12-19 19.48.16