法定通貨担保型ステーブルコインPaxos

もともと2012年にニューヨーク州の認可取引所、itBitとして始まったPaxosによるステーブルコイン。2018年5月にステーブルコイン発行に向け、ベンチャーキャピタルから6500万ドルを調達。同年9月にウィンクルボス兄弟のGemini Dollar同じ日にニューヨーク州金融サービス局からステーブルコイン発行認可を得た。規制下で発行分の米ドルを保管するERC20トークンという点でGemini Dollarと非常に似ている。双子だと思ったら三つ子だった、という感じ。現時点での発行額は、Geminiが8800万ドルなのに対しPaxosは1億2300万ドルと、こちらもそれほど大きな差はない。

Gemini、Paxosともにオリジナルのビジネスである取引上の方も、1日の取引額はそれぞれ490万ドル、320万ドルと五十歩百歩。(参考まで、グローバルでトップのBinanceは6億ドル弱、米国取引所のCoinbaseで4100万ドル。ソースはCoinmarketCapの取引所ランキング。)

いずれもニューヨークの会社である。

物理的に近くにあると、発想も成長意欲も似てしまうのはよくある話。

シリコンバレーも例外ではないが、スタートアップが多く競争が激しいゆえに、なんとか差別化しようと、それなりに違ったものが登場する点でややバリエーションがあると言えるだろう。

コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.